(たぶん)世界初!  VR上でのLT会、VRごっちゃにLT会 in バーチャル#1に参加しました

  • 17
    いいね
  • 0
    コメント
この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。

世界で恐らく初めて開催された、数百人規模のLT会をバーチャル上で行う「VRごっちゃにLT会 in バーチャル#1」に参加しました。

イベントページはこちら

今回のイベントはcluster.というVRアプリで行われました。

cluster.

cluster.は日本のスタートアップFictboxが開発した、バーチャル上での集会に特化したアプリです。
Unityで作られたそうです。

詳細はMoguraVRさんの記事に詳しく書かれています。

以下、公式サイトからの引用です。

アバターでイベント開催
IT勉強会に参加したくても、服を買いに行く服がないあなた。大丈夫です。
自宅でくつろぎながら会場入りしましょう。
アバターだから隣の人の香水の匂いで吐き気をもよおすこともない、それがクラスターです。

時間・空間の制約から開放されよう
もう場所を抑える必要はありません。
会場が狭くて悩む必要もありません。
会場が遠くて涙を飲むこともありません。
終電を気にする必要もありません。
個人でも1000人規模のイベントが開催できる、それがクラスターです。

素敵ですね。夢があります。

Oculus DK2 + cluster.

これだけ素晴らしく夢のあるLT大会は是非VRで体験しなくては、と思い会社にOculusDK2(私物)を持ってきて、clusterをダウンロードして参加しました。

この時点でたくさんの人がログインしていました。
別々の場所にいる人たちがこう一つのVR世界に同時にログインしている、ということだけでも相当テンションがあがってました。

沢山の人と一緒に同じ時間、場所を体験できる、この没入感と一体感がハンパないです!

clusterはこちらからダウンロードできます。(要Twitterアカウント)

感想

まず、普通にVR上でプレゼンが出来てたことに非常に驚きました。
α版と聞いていたので、重くて表示が乱れるとかトラブルがあるかなと思ってましたが、想像以上に普通の勉強会でした。

VR上で普通の勉強会が出来る凄さ! 
参加者が別々の場所にいるのに、VR上で一斉に集まり普通の勉強会が出来るという事実に感動しました。

私事ですが、今の職場(東京)から家に帰るのに大体2時間ぐらいかかるので、もしLTが東京で行われたと仮定すれば、この「2時間」という移動時間が無くなるので凄い利点になります。
それだけでも十分に利用する価値があります。

私も数々の勉強会に参加しましたが、ここまで興奮した勉強会は初めての経験です。

他の参加者の様子は以下のハッシュタグで確認できます。
#cluster
#VRごっちゃにLT

皆さん、相当興奮していました。自分もその1人です。

LTの様子

開催してからしばらくたった後の会場の様子です。遠めから撮ったのでちょっとわかりにくいですが、実際にはもっと沢山の人がいました。


これはVRに限ったことではないですが皆が同じ動作をすると、ものすごいインパクトがあります。

みんなで拍手している様子です。
また、Zキーを押せばスクリーンショットをとった上でTwitterに投稿できるので非常に楽です。

※もちろん投稿キャンセルも出来ます。

コメントは日本語変換が表示されないので大分厳しいですが、簡単な文字ならある程度予測でいけます。
ブラインドタッチが出来るのなら、VRでキーボードを使うのは意外と悪くないと思いました。

↑このように投稿した文字が、スライドの横にあるコメント一覧に表示されます。単純ですけど、VR上でやると非常に楽しいです。

アバターの上に入力したコメントが表示されるので、これで他の参加者とコミュニケーションが取れます。

アバターはすり抜けられるので、見にくかったら人にぶつかることを気にせずに前にいけるというのが地味にいいです。
VRだからこそ出来ることですね。

個人的に追加して欲しい機能

・拍手音
拍手している時に音が無いのがちょっと寂しかったです。
最低でも拍手音があれば盛り上がると思います。

・空を飛ぶ機能
VRだから、通常のLT会では体験できないことをしたいです。
あと、スライドを下から見るのは疲れるし、通り抜けられるとはいえアバターが目の前に来るとちょっと見にくいので、上から見たいなーと思いました。

・Twitterへの投稿機能をもう少しやりやすくして欲しい。
コメントをTwitterへの連携するためにチェックボックスをオンにする必要があるのですが、これがVR上だと大分手間取りました。
これは視線で注目したらONになるようになればいいなと思いました。
あと、イベントのハッシュタグは自動的に付くようにしてほしいです。

・イベント開催中は、登壇エリアに入場制限をつけて欲しい。
 イベント当日は登壇エリアも自由に入れたため、一般参加者が誤動作でキーボードを押した場合、Keynoteが予期せぬ表示をしたことがありました。
 悪意はないとはいえ進行を遮ってしまうため、さすがにイベント開催中は登壇エリアに入れる人を制限したほうがいいと思います。

Keynote

以下、2016/02/18時点で私が確認したLT登壇者のKeynoteです。

UE4は綺麗? 重い?
「0.5VRぐらい」の話

参加者は緑の登壇のところで資料が一通り見れます。(2016/02/18時点)



以上です。とにかく素晴らしい体験でした。
他のVR勉強会も全てVR上でやって欲しいです。

次回開催も考えているそうなので、参加できなかった人は是非参加をおススメします。
VRで参加すればもっと楽しいですよ!