【Mac】自分の画面を録画して、即gif動画化する方法

  • 57
    いいね
  • 3
    コメント

Gif動画はとっても便利

GitHubやQiita等で自分の画面の挙動を誰かに伝えたい場合に、動画で表現できると伝わりやすいですよね。そんなとき、サクサクとGif動画が作れるととても便利です。

この記事では、下のような動画GIFを簡単に作れる方法をご紹介します。
※Macユーザーを想定しています。
自分の画面を録画.mov.gif

QuickTime Playerで画面を録画する

まずはQuickTimePlayerを利用し、画面を録画します。

普段QuickTimePlayerを使わない方でも既にアプリケーション>ユーティリティの中にあるケースが多いです。もし、持っていないければダウンロードしてください。

画面収録方法

①QuickTimePlayerを開き、ファイル>新規画面収録をクリックします。

スクリーンショット 2017-05-18 11.59.39.png

②「画面収録」の赤い丸をクリックします。

 スクリーンショット 2017-05-18 12.01.46.png

③下記のような画面が出たら、クリックし続けながらマウスを動かすことで範囲を指定できます。

スクリーンショット 2017-05-18 12.05.04.png

④Command + Control + esc キーを同時に押すことで撮影を終了します。

これにて.mov形式の動画が撮影できたかと思います。

GIFに変換する

GIF化が直感的で楽なGiftedというアプリがありますので、これをインストールします。

スクリーンショット 2017-05-18 12.16.02.png

この画面に先ほどQuickTimePlayerで撮影した動画をドロップしてStartを押すだけで変換されます。
変換された動画はピクチャ>Gifted内に保存されるようになっています。