【WIP】EC-CUBE3.0はデザインテンプレートでプラグインも変えられる

  • 2
    いいね
  • 0
    コメント
この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。

EC-CUBE3.0 プラグインアワード の〆切は12月21日(月)までですが、プラグインが続々とよせられてきております。

プラグインでページが増えたり、ブロックが増えたりしますが、そのデザインの当然サイト毎に合わせて整えたいものです。

EC-CUBE3系の開発ドキュメントをみると、EC-CUBE3.0では、デザインテンプレートの探査順序があり、以下のようになっています。

  1. app/template/[template_code]
  2. src/Eccube/Resource/template/default
  3. app/Plugin/[plugin_code]/Resource/template/[template_code]

これを言い換えると

  1. カスタマイズしたテンプレート
  2. EC-CUBEに同梱されているデフォルトテンプレート
  3. プラグインに同梱されているテンプレート

という順番に、期待されるテンプレートを探しにいって、該当のものがあればそれが読み込まれるという仕様です。

「プラグインに同梱されているテンプレートファイルが一番最後に読まれる」
ということは、プラグインが探しているファイルと同じものがあれば、プラグインに修正を行わずとも、自分がカスタマイズしたテンプレートを適用する事ができます。

理屈としては、そうなのですが、実際にやってみないとわからないと思いますので、オーナーズストアのプラグインを使って試してみましょう。

と、ここでちょっと手を離さないといけないので、
実際にやってみた結果を後ほど追記します。

明日は、 @Geany です。