Slack integrationを使って、ブラウザからGoogleCalenderタブもニフラムする

  • 10
    いいね
  • 0
    コメント
この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。

今回のアウトプット

chromeのタブからGoogleCalenderを消し、
image

SlackのPrivateGroupに予定を通知させて予定忘れを防ぎます!
image

前提

  • 社内コミュニケーションの100%がslackに移行したものの、MTGのスケジューリングは相変わらずGoogleCalenderでやっている、、、みたいな方は多いのでは?
  • だけどGogleCalender常時はタブにおいておかないからだいたい消す→良くMTGを忘れる‥→結局GoogleCalender常駐…重い、みたいなのを解決します。

事前準備

  • こちらの記事にあるように、自分+Botだけが存在するprivate group(PG)を作成しておきましょう。

手順

  • Slack>configure integration>Google Calenderを選択image

  • connectしよう
    image

  • 通知したいCalenderと通知させたいSlackのPrivateGroupを選ぶだけimage

以上で基本設定は完了。

  • 予定のx分前に通知する
  • カレンダーを作ったら通知する
  • その日の全予定を毎日x時に通知する

など、細かい運用設定ができます。

コメント

  • これを使うことでCalenderのタブは自分が予定を創る時だけ開くようになりました。
  • 予定作成もSlackで完結できるはず。いずれやりたいです。