Facebook広告の入札方法が突如変更しCPCが5~10倍に急騰中

  • 3
    いいね
  • 0
    コメント
この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。

TL;DR

  • 20150909 21:00時点で確認、Facebook広告の入札仕様変更が確認された。
  • Webクリック広告のフォーマットについて、従来の入札単価に対し、現入札単価が筆者運用アカウントでは5~10倍へ急騰している。

確認方法

  • 新たに広告を作成し、広告セットの入札欄を確認する。
  • 下記の違いを比較、新仕様となっている場合、アカウントが同様の影響を受けている可能性あり。

旧仕様:入札がレガシーCPCとなっている
image

新仕様:入札がCPCとなっている
image

コメント

  • こういった突然の仕様変更はプラットフォームであればよくあることなのですが、Facebookの嫌なところはリリースも出さずにしれっと大きな変更を加えてくる所ですね(たまたまABテストアカウントとして抽出されただけ、という可能性はなきにしもあらずですが)。
  • 最終的な広告成果やCPAがどう推移していくかは運用をしてみないとわからないので、新仕様での運用を一晩試してみますが、Facebook広告を常用する広告主からするとビジネスへのネガティブインパクトが大きそうな今回の仕様変更です。

一晩運用してみて 20150910追記

image

  • CPCは落ち着いたものの、旧仕様運用時の平均CPCから2.5倍ほど上振れする結果に。これは今後のFacebook広告運用に大きく影響がある。少なくとも予算比率を下げざるを得ないと思いました。

5日間経過して

  • FB広告は単価が上がりきったまま戻らないので標準仕様とする模様。
  • まだまだ割安感のある広告とはいえ、ROAS確保できる商材じゃないと出稿しにくい環境になりました。
  • 来月始まるInstagram広告も、プロダクトの特性から決して安価になるとは考えずらい(エンゲージよりはブランディング・imp重視になるのではないか)。
  • Twitterランドの広告に頑張ってもらいたい。広告主がインハウス運用できる環境に変えて欲しいっすね。