Ubuntu にOracle Java 8 (PPA)をインストールする(ubuntu)

  • 112
    いいね
  • 0
    コメント
この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。

Ubuntu にOracle Java 8 (PPA)をインストールする

非公式のリポジトリからOracle Java 8 をインストールする手順について説明します。
webupd8team のリポジトリを追加して、下記手順でOracle Java 8 をインストールします。

ppaの追加とOracleJava8のインストール
$ sudo add-apt-repository ppa:webupd8team/java
$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get install oracle-java8-installer

途中、規約に同意する画面が出てくるので、OK を選択します。
Ubuntu_InstallOracleJava8_0000.png

Ubuntu_InstallOracleJava8_0001.png

インストールが完了したら、java のバージョンを確認してみましょう。

javaのバージョンを確認する
$ sudo dpkg --list | grep oracle-java
ii  oracle-java8-installer                               8u45+8u33arm-1~webupd8~0                   all          Oracle Java(TM) Development Kit (JDK) 8

$ java -version

Webupd8 では、環境変数を設定するためのパッケージも提供しているので、それもインストールします。

環境変数を設定するパッケージのインストール
$ sudo apt-get install oracle-java8-set-default

インストールが完了したらターミナルを再起動して、環境変数を確認してみます。
java に関する環境変数が追加されていることがわかります。

環境変数の確認
$ env | grep -i java
DERBY_HOME=/usr/lib/jvm/java-8-oracle/db
PATH=/usr/local/sbin:/usr/local/bin:/usr/sbin:/usr/bin:/sbin:/bin:/usr/games:/usr/local/games:/usr/lib/jvm/java-8-oracle/bin:/usr/lib/jvm/java-8-oracle/db/bin:/usr/lib/jvm/java-8-oracle/jre/bin
JAVA_HOME=/usr/lib/jvm/java-8-oracle
JAVA_TOOL_OPTIONS=-javaagent:/usr/share/java/jayatanaag.jar
J2SDKDIR=/usr/lib/jvm/java-8-oracle
J2REDIR=/usr/lib/jvm/java-8-oracle/jre

参考

How to Install JAVA 8 (JDK 8u45) on Ubuntu & LinuxMint Via PPA
http://tecadmin.net/install-oracle-java-8-jdk-8-ubuntu-via-ppa/