MG6230をUbuntu 16.04 LTSで使えるようにする方法

  • 6
    Like
  • 0
    Comment

Ubuntu 16.04 LTSで、MG6230(Canon製複合機)をネットワーク経由で使用するための方法についてまとめます(Canon製の他の複合機でも同様の方法でできるのではないかと思われます)。

必要ソフトウェア・ドライバのインストール

  1. キヤノン:ダウンロード|ソフトウエアダウンロードにアクセスし、画面の案内に従って、目的の複合機を選択します。
  2. OSの一覧が表示されたら、Linuxを選択します。
  3. プリンタドライバとスキャナドライバの圧縮ファイルをダウンロードします(debianを選んでダウンロードしてください)。
  4. Ubuntu – precise の libtiff4 パッケージに関する詳細にアクセスし、自分の環境に合ったlibtiff4のパッケージをダウンロードします。
  5. ダウンロードしたパッケージをインストールします。
  6. 端末を起動します。
  7. プリンタドライバに対し、次の操作を行います。
    1. tar zxvf {ドライバの圧縮ファイル}で解凍します。
    2. cd {解凍したディレクトリ}でカレントディレクトリを移動します。
    3. patch < cnijfilter-mg6200series-3.60-1-deb.patchで以下のパッチを適用します。
cnijfilter-mg6200series-3.60-1-deb.patch
--- install.sh  2011-08-02 15:26:54.000000000 +0900
+++ install_.sh 2017-01-01 14:50:08.052737204 +0900
@@ -1287,20 +1287,9 @@ C_FUNC_get_system()
    dpkg --version 1> /dev/null 2>&1
    c_system_deb=$?

-   ## rpm and deb are error, or rpm and deb are no error, is error ##
-   if [ $c_system_rpm = 0 -a $c_system_deb = 0 ] || [ $c_system_rpm != 0 -a $c_system_deb != 0 ]; then
-       return $C_ERR_CODE
-   else
-       if test $c_system_rpm -eq 0; then
-           C_system="rpm"
-           C_arch32="i386"
-           C_arch64="x86_64"
-       else
-           C_system="deb"
-           C_arch32="i386"
-           C_arch64="amd64"
-       fi
-   fi
+   C_system="deb"
+   C_arch32="i386"
+   C_arch64="amd64"

    return 0
 }
@@ -1597,7 +1586,7 @@ if [ ${0##*/} = $C_install_script_fname
        local c_fpath_pkg_name=$1

        ## result -> 0:Install process complete, 1:Install process depend error ##
-       C_FUNC_show_and_exec "sudo dpkg -iG $c_fpath_pkg_name"
+       C_FUNC_show_and_exec "sudo dpkg --force-architecture -iG $c_fpath_pkg_name"
        if [ $? != 0 ]; then
            return $C_ERR_CODE
        fi
  1. sudo ./install.shでインストールを行います。
  2. スキャナドライバに対し、次の操作を行います。
  3. tar zxvf {ドライバの圧縮ファイル}で解凍します。
  4. cd {解凍したディレクトリ}でカレントディレクトリを移動します。
  5. patch < scangearmp-mg6200series-1.80-1-deb.patchで以下のパッチを適用します。
scangearmp-mg6200series-1.80-1-deb.patch
--- install.sh  2011-08-03 13:37:39.000000000 +0900
+++ install_.sh 2017-01-01 14:51:18.528033445 +0900
@@ -201,20 +201,9 @@ C_FUNC_get_system()
    dpkg --version 1> /dev/null 2>&1
    c_system_deb=$?

-   ## rpm and deb are error, or rpm and deb are no error, is error ##
-   if [ $c_system_rpm = 0 -a $c_system_deb = 0 ] || [ $c_system_rpm != 0 -a $c_system_deb != 0 ]; then
-       return $C_ERR_CODE
-   else
-       if test $c_system_rpm -eq 0; then
-           C_system="rpm"
-           C_arch32="i386"
-           C_arch64="x86_64"
-       else
-           C_system="deb"
-           C_arch32="i386"
-           C_arch64="amd64"
-       fi
-   fi
+   C_system="deb"
+   C_arch32="i386"
+   C_arch64="amd64"

    return 0
 }
@@ -511,7 +500,7 @@ if [ ${0##*/} = $C_install_script_fname
        local c_fpath_pkg_name=$1

        ## result -> 0:Install process complete, 1:Install process depend error ##
-       C_FUNC_show_and_exec "sudo dpkg -iG $c_fpath_pkg_name"
+       C_FUNC_show_and_exec "sudo dpkg --force-architecture -iG $c_fpath_pkg_name"
        if [ $? != 0 ]; then
            return $C_ERR_CODE
        fi
  1. sudo ./install.shでインストールを行います。

スキャナ関連の設定

  1. sudo gpasswd -a {一般ユーザ名} scannerを実行し、一般ユーザがscangearmpを使用できるようにします(デフォルトではroot権限がないと使用できません)。
  2. sudo nano /usr/share/applications/scangearmp.desktopで以下のように記述します。
scangearmp.desktop
[Desktop Entry]
Encoding=UTF-8
Type=Application
Categories=GTK;Application;Graphics;RasterGraphics;Scanning;

Name={ダウンロードサイトに記載されている、スキャナドライバの名称}
Exec=scangearmp
Terminal=false
Icon=scanner

スキャナの使用方法

データを取り込むだけで良い場合

Dashホームでscanと検索すると、Simple Scanscangearmp(正確には、scangearmp.desktopに書いた名称)が表示されるので、どちらか好きな方を使ってデータを取り込んでください。

データを取り込んだ後、GIMPで編集する場合

  1. GIMPを起動します。
  2. [ファイル]ー[画像の生成]ー[ScanGear MP]をクリックします。
  3. scangearmpが起動するので、データを取り込みます。
  4. 取り込まれたデータがGIMPに反映されます。

その他

今回ダウンロードしたdebパッケージはリポジトリに登録されているわけではないので、手動でアップデートしなければなりません。

参考文献

関連記事