Ubuntu 16.04で英語キーボードを使えるようにする方法

  • 2
    いいね
  • 1
    コメント

Ubuntu 16.04で英語キーボードを使って日本語入力を不自由なく行う方法についてまとめます。

前提

  • Ubuntu 16.04 LTS
  • iBus
  • mozc
  • 直接入力とかな入力の切り替えをCtrl+Spaceで行う

方法

キーボードレイアウト変更

aptコマンド等のdpkgと競合するプロセスを走らせていない状態で行ってください。
1. sudo dpkg-reconfigure keyboard-configurationコマンドを実行します。
2. 標準102キー(国際)PCを選択しエンターキーを押します。
Screenshot from 2016-11-11 14-25-47.png
3. 英語(US)を選択しエンターキーを押します。
Screenshot from 2016-11-11 14-25-56.png
4. 英語(US)を選択しエンターキーを押します。
Screenshot from 2016-11-11 14-26-02.png
5. キーボード配置のデフォルトを選択しエンターキーを押します。
Screenshot from 2016-11-11 14-26-06.png
5. コンポーズキーなしを選択しエンターキーを押します。
Screenshot from 2016-11-11 14-26-10.png
6. いいえを選択しエンターキーを押します。
Screenshot from 2016-11-11 14-26-14.png

Mozcのキー設定変更

  1. Dashホームを開き、settingで検索を行い、システム設定を開きます。
  2. テキスト入力をクリックします。
    システム設定_034.png
  3. 次のソースへ切り替えと前のソースへ切り替えをそれぞれ適当なキーに設定します。
    テキスト入力_037.png
  4. Mozcのツールプロパティをクリックします。
  5. キー設定の編集をクリックします。
    Mozc プロパティ_048.png
  6. 以下のようにキー設定を追加します。
モード 入力キー コマンド
直接入力 Ctrl Space IMEを有効化
入力文字なし Ctrl Space キャンセル後IMEを無効化
  1. ログインし直します。

参考文献