• 11
    いいね
  • 0
    コメント
この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。

概要

HLSとはHTTP Live Streamingの略
アップルが自社iOS向けに開発した、HTTPベースのストリーミングプロトコル。

特徴

・特別な設備(ストリーミングサーバなど)が不要でApacheなどのWebサーバでも配信できるのが特徴。

・通信速度に応じて映像品質(ビットレートや画面サイズ)を変えるAdaptive bitrate streaming機能を持っている

・(デメリット)再生環境が限定されている(Windows微妙)

動作環境

・iOS3.0以上
・Android3.0以上
・WindowsはVLC1.2以上、QuickTime10以上
・MacOS X10.6以降のSafariブラウザ

技術詳細

・基本は地デジと同じMPEG2 TSが使われる
・10秒に細切れにされたMPEG2-TSファイルを複数の品質作る
・その再生順を書いたプレイリスト(M3U3形式)を作る
・その2つをWebサーバから配信
・映像コーデックはH.264、音声コーデックはAAC
・通常は低いレートから取得し、帯域に余裕があれば、高品質(容量増)を取得しようとプレイヤー側で判断する

参考文献

HTTP Live Streaming 動画配信のやり方 (概要), BizValley
http://bizvalley.co.jp/blog/1023.html

動画配信技術 その1 - HTTP Live Streaming(HLS), Akamai Japanブログhttps://blogs.akamai.com/jp/2013/02/-1---http-live-streaminghls.html

HTTP Live Streaming, wikipedia
http://en.wikipedia.org/wiki/HTTP_Live_Streaming

Adaptive bitrate streaming, wikipedia
http://en.wikipedia.org/wiki/Adaptive_bitrate_streaming