VS Codeで標準の拡張子以外に言語のサポート機能を有効化する方法

  • 3
    いいね
  • 0
    コメント
この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。

Question

標準の拡張子以外に言語サポート機能を効かせるにはどうしたらいいのか。

例で言うと、riot.jsの.tagファイルの編集時にHTMLのサポート機能を有効化したい場合はどうしたらいいのか。

Answer

ユーザー設定(settings.json)に以下を加える。

{
    "files.associations": {
        "*.tag":"html"
    }
}

以上。

参考

http://stackoverflow.com/questions/29973619/how-to-make-vs-code-to-treat-other-file-extensions-as-certain-language