Unity 5.6からpackagename(Android)とbundle identifierの(iOS)が別々に設定できるようになった

  • 11
    Like
  • 0
    Comment

アプリ識別子に別々の文字列をエディターから簡単に設定できるようになった!

 Unity 5.6のリリースノートより(現在beta版 5.6f1、多分もうすぐ公開)

Build Pipeline: Added SetApplicationIdentifier and GetApplicationIdentifier methods to PlayerSettings (Edit > Project Settings > Player). These allow you to set the Bundle Identifier (Apple platforms) / Package ID (Android and Tizen) separately for each platform.

 と、あるようにUnity 5.6から

  • packagename : Androidのアプリ識別子
  • bundle identifier : iOSのアプリ識別子

 を別々にUnity Editorから設定できるようになりました。(リリースノートによると、Tizenも別々に設定できるようになるようですね。)

いくつかのプロパティも名称変更!

 それからApplicationクラスとPlayerSettingsクラスにあった、bundleIdentifierというプロパティも次のように名前が変わっています。

何がうれしいのか?

 Unity EditorからAndroid・iOSで異なるアプリ識別子設定できるようになったので、Androidでは「_」を、iOSでは「-」を含むアプリ識別子を設定できるようになりましたね。

 Andoidのpackagenameには「-」を含めることができません。iOSではbundle identifierでは「_」を含めることができません。

 しかしUnity 5.6より前のUnityでは、AndroidのpackagenameとiOSのbundle identifierには、同一の文字列を設定することしかできませんでした。そのため、両プラットフォームに公開するアプリでは、アプリ識別子に-_は使えませんでした。

 Unity 5.6から、Unity Editorから素直にプラットフォームごとに別の識別子を設定できるようになったため、-_など片方のプラットフォームでしか使えなかった文字もそれぞれのプラットフォームで使えるようになりました。

 (Unity 5.6以前もエディタ拡張使えば、「Androidビルド前に-_に変更する」とかいろいろやりようありましたけどね。)

注意

 2017/3/18(土)現在、Unity 5.6 BetaのバージョンがUnity 5.6f1になりました。いつも通りならばUnity 5.6の正式リリースがもう間もなくだと思われます。