Visual Studio CodeでMarkdownを書くときに覚えておきたいたった2つのショートカット 2016

  • 30
    いいね
  • 0
    コメント

 この投稿は「Visual Studio Code Advent Calendar 2016」の4日目の記事です。

はじめに

 本投稿では、Visual Studio Codeを用いてMarkdownで執筆する際、覚えておきたい2つのショートカットを紹介します。

  • Previewに表示切り替え
  • ウィンドウ分割と同時にPreview表示

 です。

ウィンドウ分割と同時にPreview表示

  • Windos Ctrl+K V
  • Mac ⌘K V
  • Linux Ctrl+K V

 上記のキーボードショートカットにより、ウィンドウを分割し、新たなMarkdown Previewのタブを生成・表示します。

ss_whole_edit.PNG

 上の画像の状態から、キーボードショートカットにより

ss_divided_with_preview.PNG

 こうなります。

プレビュータブに表示切替

  • Windows Ctrl+Shift+V
  • Mac ⇧⌘V
  • Linux Ctrl+Shift+V

 上記のキーボードショートカットにより、新たにMarkdown Previewのタブを生成し、表示を切り替えます。

ss_whole_edit.PNG

 上の画像の状態から、キーボードショートカットにより

ss_whole_preview.PNG

 こうなります。

 Preview タブを表示中に上記キーボードショートカットを入力すると、カレントタブを編集タブに切り替えます。

 編集タブを表示中ですでにPreview タブが存在する場面で、上記キーボードショートカットを入力すると、Preview タブに表示を切り替えます。

さいごに

 2015年の「Visual Studio / Visual Studio Code Advent Calendar 2015」にも、
Visual Studio CodeでMarkdownを書くときに覚えておきたい4個のショートカット』というタイトルで参加しました。

 2016年のアドベントカレンダーである本投稿では、その当時はなかったMarkdownを書いているときに役立つ、2つのショートカットを紹介しました。

 どんどん進化を続けるVisual Studio Codeから、目が離せませんね!