ファイル監視にwatchdogがかなり便利な件

  • 60
    いいね
  • 0
    コメント
この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。

win32apiを叩くのはナンセンスだし、何より手軽に書きたかったのでpypiで探索していたらwatchdogというものを知りました。

以下が「*.jpg, *.png, *.txtの3つのファイルが、作成・編集・削除された時にそれを知らせる」コードです。

watchdog_example.py
#!/usr/bin/env python
# -*- coding: utf-8 -*-

import time
import os

from watchdog.events import FileSystemEventHandler
from watchdog.observers import Observer

BASEDIR = os.path.abspath(os.path.dirname(__file__))

def getext(filename):
    return os.path.splitext(filename)[-1].lower()

class ChangeHandler(FileSystemEventHandler):

    def on_created(self, event):
        if event.is_directory:
            return
        if getext(event.src_path) in ('.jpg','.png','.txt'):
            print('%s has been created.' % event.src_path)

    def on_modified(self, event):
        if event.is_directory:
            return
        if getext(event.src_path) in ('.jpg','.png','.txt'):
            print('%s has been modified.' % event.src_path)

    def on_deleted(self, event):
        if event.is_directory:
            return
        if getext(event.src_path) in ('.jpg','.png','.txt'):
            print('%s has been deleted.' % event.src_path)

if __name__ in '__main__':
    while 1:
        event_handler = ChangeHandler()
        observer = Observer()
        observer.schedule(event_handler,BASEDIR,recursive=True)
        observer.start()
        try:
            while True:
                time.sleep(1)
        except KeyboardInterrupt:
            observer.stop()
        observer.join()

on_created, on_modified, on_deletedに自分が実行したい処理を書いていけばいいかと思います。

例えばdocを編集していちいち自分でmake htmlとせずともwatchdogを使えば自動化できてしまいます。

ただちょっと触って気になったところが、ファイル作成時にon_any_eventだと2回実行してしまうことです。

このコードを使ってみればわかると思うのですが、どうやら作成イベントは on_created, on_modifiedの順で実行されているためのようです。

OS内部のことはわからないのであくまで推定ですが。