• 2
    いいね
  • 2
    コメント
この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。

残念ながらもう使えません

過去の産物です。

昔はこんなこともできました

755のAPIは公開されていませんが、PC向けサイトのソースから、ある程度、APIを読み取ることは可能です。パケットキャプチャすれば鬼に金棒。

そのAPIを使ってアーカイブサイトを作ると訴えられるという事例もあるため、使い方は限定的になると思いますが、読み取れる範囲のAPIをまとめます。

利用は自己責任でお願いします。また、本記事のサンプルでは、HKT48の下野由貴さんのトークを例にしてご紹介します。なぜなら僕の推しメンry

なお、返却されるJSONの内容につきましては、別途、機会があれば。

talk/info

トークに関する情報を取得します。

パラメータ

パラメータ名 必須任意 値の内容 値の内容
talkIds 必須 トークID x4U1h5ChFX89GtN76wEuUm==

使用例

http://7gogo.jp/api/talk/info?talkIds=x4U1h5ChFX89GtN76wEuUm==

talk/post/list

トークのリストを出力します。

パラメータ

パラメータ名 必須任意 値の内容 値の内容
talkId 必須 トークID x4U1h5ChFX89GtN76wEuUm==
postId 必須 起点となるポストID 345
limit 必須 取得件数(1~100) 50
direction 必須 表示順(PREF or NEXT) NEXT

postId件目の投稿からdirection順にlimit件分を取得するというイメージ。上の表を例にとると、345件目の投稿より後ろにある50件分の投稿を取得します。

(例)5件のデータのpostIdが[1,2,5,6,7]となっている場合

  • 検索条件:{postId:1,limit:3,direction='NEXT'}
    ⇒postIdが1,2,5の投稿を取得
  • 検索条件:{postId:6,limit:3,direction='PREF'}
    ⇒postIdが6,5,2の投稿を取得

使用例

http://7gogo.jp/api/talk/post/list?direction=NEXT&limit=50&postId=345&talkId=x4U1h5ChFX89GtN76wEuUm==

talk/post/detail

1件のトークの詳細を取得します。

パラメータ

talkIdとpostIdをURLに含めて使います。

talk/post/detail/talkId/postId

使用例

http://7gogo.jp/api/talk/post/detail/x4U1h5ChFX89GtN76wEuUm==/189

published/hotOfficial/random

公式トークをランダムで表示します。

パラメータ

パラメータ名 必須任意 値の内容 値の内容
limit 任意 取得件数(1~10) 5
offset 任意 起点となる件数 10

使用例

http://7gogo.jp/published/hotOfficial/random?limit=10

published/totalWatchOfficial/public

ウオッチ数が多い順に公式トークを表示します。

パラメータ

パラメータ名 必須任意 値の内容 値の内容
limit 任意 取得件数(1~20) 5
offset 任意 起点となる件数 10

使用例

http://7gogo.jp/published/totalWatchOfficial/public?limit=20

published/rankingYesterdayOfficial/public

昨日のウォッチ数が多い順に公式トークを表示します。

パラメータ

パラメータ名 必須任意 値の内容 値の内容
limit 任意 取得件数(1~20) 5
offset 任意 起点となる件数 10

使用例

http://7gogo.jp/published/rankingYesterdayOfficial/public?limit=20

published/hotGeneral/random

人気の一般トークをランダムで表示します。

パラメータ

パラメータ名 必須任意 値の内容 値の内容
limit 任意 取得件数(1~10) 5
offset 任意 起点となる件数 10

使用例

http://7gogo.jp/published/hotGeneral/random?limit=10

おまけ

post取得系のAPI実行結果の中に投稿の種類を表す「postType」という属性があります。僕自身が意味をよく忘れてしまうので、備忘として書き残します。

postType

  1. 引用無しのテキスト
  2. スタンプ
  3. 画像
  4. 引用ありのテキスト
  5. リトーク
  6. 動画
この投稿は Web API Advent Calendar 20157日目の記事です。