RSpecをRailsにインストールする

  • 17
    いいね
  • 0
    コメント
この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。

Gemfileへの追加

Gemfile
group :development, :test do
  gem 'rspec-rails', '~> 3.0.0'
  gem 'factory_girl_rails', '~> 3.0'
end

gemのインストール

$ bundle install

RSPECを初期化

$ rails g rspec:install

DBを初期化

MySQLを利用している場合は、CREATE DATABASEする

$ rake db:migrate RAILS_ENV=test

※ RSpecの実行環境は「test」なので注意してください。

Warningの削除

そのまま実行するとWarningが大量に出てしまいます。内容を確認したところ、sassなどライブラリ周りで出ているようです。Warningが出っ放しなのはちょっと嫌なのですが、ここは致し方なくWarningが出力されないようにしましょう

.rspec
--color
#--warnings
--require spec_helper

シャープでコメントアウトします。

RSpecを書こう

spec/example/my_example_spec.rb
require 'rails_helper'

RSpec.describe ApplicationHelper, :type => 'helper' do
  describe "example spec" do

    it "should aaaaaa" do
      p "test"
    end
  end
end

※RSpecの書き方はいくつか種類があるようですが、こちらが一番正当なのでしょうか?

参考: http://www.rubydoc.info/gems/rspec-rails/frames
※実施できるテストの種類は、Model Spec, Request Spec, Helper Specなど様々あります。

RSpecの実行

$ bundle exec rspec spec/example/

spec/example以下のすべてのテストが実行されます。