gitによるBitbucketの課題管理(トラッカーの状態変更)

  • 27
    いいね
  • 0
    コメント
この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。

めっちゃ便利

ここ最近、Bitbucketを利用したチームでの開発を行ってみましたが、その中でBitbucketが提供している課題管理がすごい使いやすかった。

課題をトラッカー単位で管理できるという点については、目新しいものはなかったんだけど、使いやすいな(=めっちゃ便利)と思ったのは、以下のようなこと。

  • 課題番号に対応したコメントをgitログに残し、それをBitbucketへpushすることで、 自動的に課題トラッカーを更新してくれるっ!!
  • 課題トラッカーを自動的に更新してくれることで、その課題のウォッチャーに対し、ちゃんと メールを送付してくれるっ!!

もうね、この二つを自動的にしてくれるだけで、ずいぶん楽になった。

むかしは、課題が発生すると

  • Excelかなんかに課題を起票して
  • それを関係者にわざわざメールして
  • Excelを開き、自分に該当する課題をみつけ
  • 対応したらExcelにコメントする
  • コメントしたExcelファイルは当然のことのように他の人とバッティングするので
  • 別途、Excelをマージする人が必要となる(←大抵プロジェクトを仕切ってる人がやるんだよね。)

ということが当たり前だった時と比べると、ぜんっぜん楽っ。

前置き長くなりましたが

Bitbucketが提供する課題のコミットメッセージのルールについて、以下に整理しておきます。

基本的な構文

<コマンド> <課題ID>

コマンドの種類

# 課題の解決
close / closed / closes / closing / fix / fixed / fixes 

# 課題の再オープン
reopen / reopens / reopening

# 課題のコメントとして、チェンジセットへのリンク追加
address / re / references / ref / refs / see

参考例

# "fixed"というキーワードと、"#1"という課題IDが含まれているので
# 以下のコメントでは、課題#1が解決したということを認識し
# 自動的に課題トラッカーに更新をかける。
$ git commit -m "YYYY/MM/DD : V001 : bug fixed #1"

ちゃんとpushしてね

参考例では、commitをしただけに過ぎないので、Bitbucketの課題に更新をかける際には、ちゃんとpushしてね。

# pushの例 
$ git push origin master

参考にしたサイト

Bitbucketのサイト::コミットメッセージに課題を書く方法