HomebrewでPostGISをインストール、利用するまで

  • 20
    いいね
  • 0
    コメント
この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。

PostGISのインストール

Homebrewからインストールを行う。

$ brew install postgis

なお、このサイトを参考にした。

データベースの作成

$ createdb -E utf8 -O postgres -U postgres gisdb

作成したデータベースは、以下のコマンドから確認できる。

$ psql -l

データベースへの接続確認

$ psql -U postgres -d gisdb

PostGISを有効化する

Extensionを作成する

-- Enable PostGIS (includes raster)
CREATE EXTENSION postgis;
-- Enable Topology
CREATE EXTENSION postgis_topology;
-- fuzzy matching needed for Tiger
CREATE EXTENSION fuzzystrmatch;
-- Enable US Tiger Geocoder
CREATE EXTENSION postgis_tiger_geocoder;

PostGISの動作確認

-- Create table with spatial column
CREATE TABLE mytable ( 
  id SERIAL PRIMARY KEY,
  geom GEOMETRY(Point, 26910),
  name VARCHAR(128)
); 

-- Add a spatial index
CREATE INDEX mytable_gix
  ON mytable 
  USING GIST (geom); 

-- Add a point
INSERT INTO mytable (geom) VALUES (
  ST_GeomFromText('POINT(0 0)', 26910)
);

-- Query for nearby points
SELECT id, name
FROM mytable
WHERE ST_DWithin(
  geom, 
  ST_GeomFromText('POINT(0 0)', 26910),
  1000
); 

上記をQGIS等で確認し、正しく表示されればOK。