setValue()とsetValueAtTime()をまとめる

  • 1
    いいね
  • 0
    コメント
この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。

After EffectsスクリプトExtendScriptでsetValue()とsetValueAtTime()が分かれてるのがめんどうなので一つに。

setValueAtSmart.coffee
# キーフレームがすでに打たれているかの確認し場合によって値を実際に入れてゆく
Property::setValueAtSmart = (time, newValue) ->
  # プロパティがhiddenの場合に判別する手段がないため,tryで包む
  try
    if @numKeys is 0
      @setValue newValue
    else
      @setValueAtTime time, newValue
  catch err
    alert err

一応コンパイルしたのも

setValueAtSmart.js
// キーフレームがすでに打たれているかの確認し場合によって値を実際に入れてゆく
Property.prototype.setValueAtSmart = function(time, newValue) {
  var err;
  try {
    if (this.numKeys === 0) {
      return this.setValue(newValue);
    } else {
      return this.setValueAtTime(time, newValue);
    }
  } catch (_error) {
    err = _error;
  }
};