SoftEther VPN Install on Ubuntu

  • 16
    いいね
  • 0
    コメント
この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。

ダウンロード

SoftEther VPN プロジェクトからダウンロード
自分は /usr/local/src に wget しました。

解凍

tar xvzf ファイル名

vpnserver ディレクトリが生成される

makeに必要なツール準備

sudo apt-get install build-essential

make

cd vpnserver
make

makeの質問には1を入力

配置

mv vpnserver /usr/local/

VPNサーバ起動

cd /usr/local/vpnserver
sudo ./vpnserver start

仮想HUB作成

cd vpnserver
./vpncmd

サーバのIP:ポート番号を入力してサーバ管理モードへ

HubCreate

以下、Hub名をkimiusoと設定したと仮定

DHCP有効化

設定を加えるHub名を指定

Hub kimiuso
SecureNatEnable

ユーザ作成

UserCreate

ユーザはkawori

ユーザの認証パスワード作成

UserPasswordSet

IPsecの有効化

IPsecEnable

L2TPをyes
PSKでのパスワードを設定
使用するHubにkimiusoを指定

動作確認

自分の場合はここでスマホから接続が確認できました。

確認には /usr/local/vpnserver/server_log のログファイルが有効でした。
他は sudo tcpdump もいいけど、流れが速くて自分にはよく分からなかったです。

後は、サービスの登録や自動起動設定をしたけど、その辺りは参考サイト参照してください。

参考サイト

6.3 VPN Server / VPN Bridge の管理コマンドリファレンス (サーバー全体編)

【簡単】Ubuntu13.10にSoftether VPNを導入する方法

SoftEtherVPN L2TP 実験メモ

■Ubuntu Server / SoftEther VPN サーバーを構築 (その1)

SoftEther VPN ServerをCentOS環境に入れる手順