1. Qiita
  2. Items
  3. centos7

CentOS7 に 旧 APC (apcu & opcache)を導入する

  • 6
    Like
  • 0
    Comment

CentOS7で標準パッケージ導入したPHPの、キャッシュ機能(APC)を構築します

環境

 OS  : CentOS Linux release 7.2.1511 (Core)
 Web  : Apache/2.4.6 (CentOS) 64-bit prefork
 PHP  : PHP 5.4.16 (cli) (built: Jun 23 2015 21:17:27)  ※ yum 標準インストール

課題

CentOS5/6 と同じ手順で PHPキャッシュを有効にすべき APC 導入を試みたが、
CentOS7では パッケージ php-pecl-apc は利用できません。 と怒られてしまった

$ sudo yum install php-pecl-apc
パッケージ php-pecl-apc は利用できません。
エラー: 何もしません

APC の導入

最近は APC ではなく、apcu と opcache らしいですね。
CentOS7 の標準リポジトリには入っていないようなので、サードパーティのリポを探索します

$ yum search apc --enablerepo=epel,remi
$ yum search opcache --enablerepo=remi

remi リポジトリにあったので、こちらをインストールして Apache を再起動します

$ sudo yum install --enablerepo=remi php-pecl-apcu.x86_64 php-pecl-zendopcache.x86_64
$ sudo systemctl restart httpd.service

インストール状態を確認します

apcu
$ php -i | grep apcu
Additional .ini files parsed => /etc/php.d/apcu.ini,
apcu
opcache
$ php -i | grep opcache | grep enable
opcache.enable => On => On
opcache.enable_cli => Off => Off
opcache.enable_file_override => Off => Off

動作確認

ドキュメントルートに phpinfo.php を配置してアクセスしてみます

phpinfo.php
$ vi phpinfo.php 
<?php  phpinfo(); ?>

apcu と Zend opcache が追加されていることを確認します

01.png

02.png

過去にAPCを利用していれば、apc.php でも動作確認できるようです

03.png

結果

WordPress の重いページに ApacheBench でテストしてみました

◆導入前
Requests per second: 0.85 [#/sec] (mean)
◆導入後
Requests per second: 4.74 [#/sec] (mean)

5倍以上とは、、、、

以上です