NeoBundleのインストール

  • 133
    いいね
  • 0
    コメント
この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。

必要なもの

NeoBundleはPCにGitがインストールされている必要があります。

インストール

NeoBundleのインストール

  1. .vimフォルダ以下にbundleフォルダを作成
  2. 作成したbundleフォルダにneobundle.vimをクローン
$ mkdir -p ~/.vim/bundle
 $ git clone git://github.com/Shougo/neobundle.vim ~/.vim/bundle/neobundle.vim

設定

公式サンプルからとりあえず最低限の設定のみ抜粋
.vimrcに次の内容を書いておけば、最低限利用できます。

.vimrc
"--------------------------------------------------------------------------
" neobundle
set nocompatible               " Be iMproved
filetype off                   " Required!

if has('vim_starting')
  set runtimepath+=~/.vim/bundle/neobundle.vim/
endif

call neobundle#rc(expand('~/.vim/bundle/'))

filetype plugin indent on     " Required!

" Installation check.
if neobundle#exists_not_installed_bundles()
  echomsg 'Not installed bundles : ' .
        \ string(neobundle#get_not_installed_bundle_names())
  echomsg 'Please execute ":NeoBundleInstall" command.'
  "finish
endif

プラグインの取得

さらに、次のように.vimrcに追記して、:NeoBundleInstallを実行するとプラグインが.vim/bundleフォルダ以下に追加され、利用できるようになります。

.vimrc
"GitHubリポジトリにあるプラグインを利用場合
NeoBundle 'tpope/vim-fugitive'

"GitHub以外のGitリポジトリにあるプラグインを利用する場合
NeoBundle 'git://git.wincent.com/command-t.git'

"Git以外のリポジトリにあるプラグインをを利用する場合
NeoBundle 'http://svn.macports.org/repository/macports/contrib/mpvim/'
 NeoBundle 'https://bitbucket.org/ns9tks/vim-fuzzyfinder'

以上を追記してから、vimを立ち上げて下記コマンドを実行

:NeoBundleInstall

参考情報