Google Play Services 9.0.0 へのアップデート手順

  • 39
    いいね
  • 0
    コメント
この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。

Google Play Services 9.0.0 の内容はこのブログ記事にありますが、一方でアップデートの手順は少し複雑です。公式のブログ記事にもドキュメントにも、アップデートの手順について触れているものは無いようですので、ここに纏めておきます。

dependencies の更新

まずはdependenciesを更新します。最新は 9.0.0 です。SDK が正しくセットアップされていれば、AndroidStudio が警告を出してくれるはずです。

module/build.gradle
dependencies {
  compile 'com.google.android.gms:play-services-fitness:9.0.0'
  // ... 依存している play-services-xxx をすべて 9.0.0 にする
}

ただしこれを行っただけでは、ビルド時に以下のようなエラーが出る事があります。

Error:Failed to resolve: com.google.android.gms:play-services-measurement:9.0.0 

この場合次の手順を実行します。

classpathの更新

プロジェクトのトップレベルにあるbuild.gradleの、ビルドスクリプトの依存関係を以下のように更新します。

build.gradle

buildscript {
  dependencies {
    // 3.0.0 が出ているので更新する
    classpath 'com.google.gms:google-services:3.0.0'
  }
}

この状態でビルドすると、エラーメッセージが以下のように変化します。

Missing api_key/current_key object

新しいgoogle-services.jsonを配置する

このページから、新しいgoogle-services.jsonを発行し、アプリケーションのモジュール配下に設置します。

このとき、GCM は必ず有効にしておきます。