El capitanにアップデートしてCPU使用率がやばくなった時の対応法

  • 16
    いいね
  • 1
    コメント
この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。

YosemiteからEl Capitanにアップデートしたら、CPU使用率が100%で張り付くようになった。

下記は、それに対応した際のメモ書きです。

まずやるべきこと

キーチェーンアクセス.app を開いて、怪しげな証明書を更新する
下記のサイトを参照。
http://f-shin.net/fsgarage/3818

キーチェーンアクセス.appが起動しなくなったら

  • 下記のコマンドで Keychainsファイルを一旦なくす。
cd ~/Library
mv Keychains Keychains.org

こうすることで、アプリが起動するようになる。
(しかし、これを行うと、これまで保存しておいたパスワードを再度入力しないといけなくなリます)

  • 次に、証明書を削除する ベリサイン系の証明書が怪しかったが、沢山ある証明書の精査や更新がめんどくさかったので、全部バックアップを取ってから削除。 (※バックアップはコンテキストメニューから普通にできます)

ちなみに、下記、当方のマシン環境。

MacBook Pro (Retina, Mid 2012)
2.3 GHz Intel Core i7