CodeStarバンザイ!数クリックで始めるCI/CDパイプライン

  • 2
    いいね
  • 0
    コメント

CodeStarを使ってCI/CDパイプラインを構築してみたので、紹介します。

CodeStarとは?

AWSのマネージドサービスであるCodePipeline、CodeCommit、CodeBuild、CodeDeployを使ってCI/CDパイプライン+実行環境をさくっと構築してくれるサービスらしい。

https://aws.amazon.com/jp/codestar/

よしっ、動かしてみるぞ!!

1.プロジェクト作成

マネジメントコンソールからCodeStarを選び、「start a project」をポチッ。
するとプロジェクトのテンプレートを選択する画面が表示される。

カテゴリは、Web application、Web service、Alexa Skill、Static Websiteから、
言語は、Ruby、Node.js、Java、Python、PHP、HTML 5から、
実行環境は、Beanstalk、EC2、Lambdaから選択できる。
※もちろん存在しない組み合わせもあります。

今の時代っぽいWeb Application×Node.js×Lambdaなんてのも選択できるんですね。

うーん、ここはCodeBuildも使ってみたいし「Web Application×Java Spring×EC2」を選択。

使う1.png

そして、プロジェクト名を入力。インスタンスタイプを設定して。ポチッ、ポチッ。

使う2.png

。。。
はいっ、CI/CDパイプライン構築の作業はこれで終わり。

そして、待つこと10分。
CodePipeline、CodeCommit、CodeBuild、CodeDeployと、これを統合的に確認するためのダッシュボードがいい感じにできちゃいました。
もちろんjavaのwebアプリケーションも起動しています。

ダッシュボード

使う4修正.png

CodePipeline

使う8.png

CodeCommit

使う5.png

CodeBuild

使う6.png

CodeDeploy

使う7.png

デプロイされたjavaのwebアプリケーション

12.png

2.CI/CDパイプライン実行

ここからが本番。
gitへの接続情報をIAMで確認(ユーザ⇒認証情報⇒AWS CodeCommit の HTTPS Git 認証情報「生成」)し、code commit上のソースコードをcloneする。
するとこんなものが落ちてきます。

tree
.
├── README.md
├── appspec.yml
├── buildspec.yml
├── pom.xml
├── scripts
│   ├── install_dependencies
│   └── start_server
└── src
    └── main
        ├── java
        │   └── com
        │       └── aws
        │           └── codestar
        │               └── projecttemplates
        │                   ├── HelloWorldAppInitializer.java
        │                   ├── configuration
        │                   │   ├── ApplicationConfig.java
        │                   │   └── MvcConfig.java
        │                   └── controller
        │                       └── HelloWorldController.java
        ├── resources
        │   └── application.properties
        └── webapp
            ├── WEB-INF
            │   └── views
            │       └── index.jsp
            └── resources
                ├── gradients.css
                ├── set-background.js
                ├── styles.css
                └── tweet.svg

ふむふむ、なるほど。
ここは手っ取り早くCI/CDパイプラインを確認するため、index.jspをちょこっと修正。
そして、code commitにpush。
code commit上で、変更した内容も確認できます。

使う11.png
すると。。。

使う9.png

パイプラインが動き出したーーー
どうやら動きとしては、こんなことをやっているみたい。

  • Source : 新たしいコードがpushされると、code commitからソースコードを取得しS3に格納。
  • Build : S3からソースコードを取得しビルド。そしてビルドしたモジュールをS3に格納。
  • Application : S3に格納されたモジュールをEC2にデプロイ。

待つこと5分。デプロイまで成功。
そして、先程の画面を確認してみると。。。

使う10.png

変わった!
簡単!!

これを使えば

  • Java、Rubyなどメジャーな言語を利用したCI/CDパイプラインを爆速で構築できる。
  • Jenkinsから開放される。

がしかし。。

  • 東京リージョンにはまだ来ていない。
  • CodeStarというかcode commit側の問題になるが、pull requestが使えない。。

本番用のアプリケーション開発環境・実行環境として利用するのは、まだまだ難しいような気もしますが、
pocくらいであればこれで十分かもしれませんね。