Raspberry PiをVGAモニターに接続して画面出力したときのメモ

  • 29
    いいね
  • 0
    コメント

先日Raspberry Piを購入したので、さっそく動作させてみました。
しかし自宅の空いているモニターにはVGA端子しかないので困ってしまいました。
こいつを友人から譲り頂いたのですがなんでHDMI入力ないんじゃー!!

IMG_3061.jpg

PRODIAのPRD-LA103-16Wというやつです。
仕方ないので、AmazonでHDMI-VGAの変換器を購入しました。

IMG_3060.jpg

こいつのHDMI端子をRaspberry Piに挿してVGAの方にはこれまた友人から頂いたVGAケーブルを挿してやりたいと思います。
さてこれで出力準備OKと思って画面の出力を確認してみると。。つかない。なぜだ!!

しかしこの問題はAmazonの商品のカスタマーレビュー欄に記載されていました。
Raspberry Piでは初期状態ではHDMIでのみ出力する設定になっているらしく、その他の規格で出力したい場合は画面の解像度だったりを変換する必要があるそうです。
というわけで変えていきましょう!!!

まずは/boot/config.txtを開きましょう。どこにあるかというとRaspberry PiのOSをインストールしたSDカードがbootというディレクトリになっていますので、その直下にconfig.txtというのがあります。現時点ではRaspberry Piを起動する必要はありません。その他のPCでテキストエディタで編集します。

Raspberry Piの初期設定については以下を参照してください。
Raspberry PiでOSのインストールと初期設定を行う

さてconfig.txtを開いたでしょうか?
後はAmazonのカスタマーレビューにあることを変更していきます。
まずは20行目あたりにある3行を変更します。

config.txt
# uncomment if hdmi display is not detected and composite is being output
#hdmi_force_hotplug=1
#hdmi_ignore_edid=0xa5000080

上の"hdmi_***"の先頭の"#"を外して上記のように数値を変更します。
これでEDIDを停止したので、VGAでの出力が可能になります。
最後にやることが自分の持っている画面の解像度に合わせることです。24行目あたりの3行をチェックしてください。

config.txt
# uncomment to force a specific HDMI mode (this will force VGA)
#hdmi_group=2
#hdmi_mode=39

ここで"hdmi_mode"に関しては自分の持っている画面の解像度に合わせてください。
詳細はこちらに書いてあります。そこでCtrl+fで"hdmi_group=2"を検索したときに4番目に引っかかった箇所の下のリストから自分のに合った解像度を選んでその番号を書きます。そして先頭の"#"を外してください。
これで見事起動できるようになりました??

IMG_3061.jpg

動かない。。。だと?
動きませんでしたorz
Amazonのカスタマービュー通りにやったのに!!!!
悔しかったので英語を読んでconfig.txtのコメントを解読して以下の点を変更しました。28行目あたりの3行です。

config.txt
# uncomment to force a HDMI mode rather than DVI. This can make audio work in
# DMT (computer monitor) modes
#hdmi_drive=2

上記の"hdmi_drive=2"の先頭の"#"をとることで動くようになりました。

IMG_3063.jpg

お試しあれー。

  • この記事は以下の記事からリンクされています
  • Raspberry Pi の導入からリンク