Alienware13にlinux CUDA環境を構築するまでのメモ

  • 2
    いいね
  • 0
    コメント

はじめに

小さめのラップトップにCUDA環境が欲しかったので、Alienware 13inchにlinuxとNVIDIAドライバをいれました。その時の覚書です。
Alienwareは、スクリーンどころか、あろうことかキーボードやロゴ、電源スイッチ、そして電源接続部分からまでブルーライト発しまくりのナイスなラップトップです。

どのlinuxをいれるか?

windowsとdual bootでlinuxをいれたいが、どのディストリビューションを選択したらよいか、からわからなかった。
私は長らくmacユーザーで、つい最近linux mintをデスクトップに入れるまで、linuxに触るのはfedora 7以来だったからだ。うらしまたろうだ(SELinuxってどうなったんだろう?)。当面の問題として、

  • wifiとか有線とかタッチパッドを認識してくれる
  • 以下にのべるHybrid Graphicsの問題

あたりがクリアできるかどうかでディストリビューションを決めたい。まずDellのデスクトップにTitan Xを刺したものではうまく行ったlinux mintを試したが、wifiも有線も認識しないので挫折。archlinuxもなんかよくわからないので挫折。DVDが切れたのでPC Depotに走って買いに行く。
alienware13にUbuntu 14+CUDAのインストールを挫折した記事があったので不安だが、Ubuntu 16.04をためすことにした。Ubuntu 16.04はwifi、有線ともに認識。設定後 pon dsl-provider でPPPOEも無事接続。

タッチパッド

タッチパッドはインストール直後は認識しない。マウスを繋いで、以下の処理をする。参考ページ

 sudo su
 echo 'blacklist i2c_hid' >> /etc/modprobe.d/blacklist.conf
 depmod -a
 update-initramfs -u

Hybrid Graphics

全然知りませんでしたが、最近のGPU Laptopは省電力用のIntegrated GPU (CPU一体のIntelで低性能省電力)とDiscrete GPU (NVIDIA GTX965M)のdual GPUにして電力消費を抑えているらしい。

Windows10では設定されてるのでいいけど、linuxでこれは結構問題らしい。ドライバ以前にGPUきりかえの問題がある。以下、資料

nvidia-settings

Intel+NVIDIAはnvidia-settingsで切り替えできるそうだ。

NVIDIAドライバ

  • nvidia-settingsとnvidia-primeをapt-get install
  • nvidia-3** (driver)をapt-get install (今回は361にした)
  • ソフトウェアとアップデートの追加のドライバ でそのドライバを選ぶ
  • reboot
  • nvidia-settingsでできている事を確認する

nvidia.png

  • GPUの切り替えは、nvidia-settingsのPRIME Profilesでできる。

CUDAインストール

http://qiita.com/tetchi821/items/614ea4ceb4c193e14c6c

ここの通りにやるとできました。いまのところかなり快適です。