[AWS]AWS(Amazon Web Services)を使え!メリットあるけど簡単じゃないよ!覚悟ある?

  • 75
    いいね
  • 0
    コメント
この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。

どんなサービスでも使うだけなら簡単なんですけどね。
AWS(Amazon Web Services)みたいにサービスが拡張するようなものを有効に使って行くのは難しいです。

ここは個人的メモ。
全体の見通しを良くする目次ページにしようと思います。多分… (^^ゞ

[AWS 0]AWSアカウントを取れ

AWSホームページに"無料アカウント作成の流れ"というページがあるので、ここを参照してアカウントを取得します。
説明の中に書かれていますが、自動音声電話による身元確認が行われます。
なんらかの着信拒否設定をしている場合、この時だけは着信拒否設定を解除しておいてください。

[AWS 1]AWSアカウント取得後にする大切なこと!先ずIAMへ行け!

AWSアカウントを取得したあと、IAM(Identity and Access Management)へ行ってください。
そしてSecurity Statusの項目をクリアします。

MFA(AWS Multi-Factor Authentication )について良く書かれた、clouldpackエバンジェリスト 吉田さん記事を参考にメモしたのはこちら。→(http://bit.ly/VEhXWO)

[AWS 2]AWS CLI環境を整備しろ!

クライアント側の環境設定の話です。
が、ここは、完全手抜きです。
AWS CLIを使いますので、運用設計ラボ波田野さんが主宰されているJAWS-UG CLI専門支部の資料へのリンクで済ませました。→http://bit.ly/1pcLfYw

[AWS 3]AWSの作業ログを採れ!AWS CloudTrailの設定だ!

AWSアカウントの取得、最低限のアカウントセキュリティおよびクライアント側のAWS CLI環境設定が出来たと思います。
本格的に使うには、あと一歩。
AWSの作業ログを採りましょう。
CloudTrailというサービスがありますので、その設定になります。→http://bit.ly/1pkZHh6

[AWS 4]AWSでのアカウント戦略!IAMを使って行こう!

編集中です。→http://bit.ly/1sz2XEd

ーー
20140826 項目追加(AWS4)
20140823 initial

  • この記事は以下の記事からリンクされています
  • 初めてのAWSからリンク