Pythonの仮想環境を構築できるvirtualenvを使ってみる

  • 107
    いいね
  • 0
    コメント

virtualenvはPythonの仮想的な環境を作ることができるパッケージ。
プロジェクトごとにPythonのバージョンを変えたり、必要なパッケージを分けてインストールして動かす事ができるようになります。

インストール

virtualenvをインストールする

$ sudo easy_install virtualenv
・・・
Installed /Library/Python/2.7/site-packages/virtualenv-1.11.6-py2.7.egg
Processing dependencies for virtualenv
Finished processing dependencies for virtualenv
$

このようなログが出たら成功。

使い方

仮想環境 作成

プロジェクトのディレクトリを作る。

$ mkdir PythonTest

virtualenvコマンドを実行

$ virtualenv --no-site-packages PythonTest
New python executable in PythonTest/bin/python
Installing setuptools, pip...done.
$

成功するとこのようなログが出ます。
これで仮想環境が作成されます。

仮想環境 起動

作成したディレクトリ内のbin/activateに対してsourceコマンドを実行すると、仮想環境を利用することができます。

$ cd PythonTest
$ source bin/activate
(PythonTest)%

仮想環境を起動できた場合、上記のような (ディレクトリ名)%というコンソールが起動します。必要なパッケージのインストールなどはこのコンソールで行います。

仮想環境 終了

(PythonTest)% deactivate                                                         
%

deactivateと入力することで、仮想環境を終了することができます。

パッケージのインストール

(PythonTest)% pip install パッケージ