RHELでisoからyumを行う方法

  • 21
    いいね
  • 8
    コメント
この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。

Yumさせろ!!

RHELはライセンスを買うか、評価版を入手しない限りyumが使えません。

インストールの時に、RPMパッケージを入れ忘れるととても最悪なことになり、手動で依存関係を解決する羽目になります。

しかし、今回のテクニックを使えば、ISOイメージにたいしてyumをすることができます!

もう依存関係に悩む必要はありません!

1.ISOを用意

ISOをマシンにマウントしましょう。物理マシンの方はメディアを挿入するか、isoイメージをOS上に用意しましょう。

仮想マシンの方は仮想ホストにisoイメージを割り当てるか、isoイメージをOS上に用意しましょう。

※インストールに使ったやつですよ

2.ISOをマウント

マシンに割り当てている場合

mount /dev/cdrom /media

マウントポイントや、ディスクの割り当てられている場所が違う場合は環境によって変更して下さい。

ISOをマウントする場合

mount -o loop -t iso9660 xxx.iso /media

いずれもls /media直下にファイルが見えれば成功です。

3.リポジトリ追加

viで/etc/yum.repos.d/dvd.repoを作成・編集します。

/etc/yum.repos.d/dvd.repo

[dvd]
name=dvd
baseurl=file:///media/
gpgcheck=1
enabled=1
gpgkey=file:///etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-redhat-release

4.yumします

yum search zsh

[root@ ~]# yum search zsh
読み込んだプラグイン:langpacks, product-id, subscription-manager
This system is not registered to Red Hat Subscription Management. You can use subscription-manager to register.
dvd                                                                                | 4.1 kB  00:00:00
(1/2): dvd/group_gz                                                                | 134 kB  00:00:00
(2/2): dvd/primary_db                                                              | 3.4 MB  00:00:00
============================================ N/S matched: zsh ============================================
zsh.x86_64 : Powerful interactive shell

  Name and summary matches only, use "search all" for everything.

はい!成功しました!