ruby 2.3.1をCentOS7に導入する。

  • 54
    いいね
  • 2
    コメント

開発環境

OS CentOS Linux release 7.2.1511
vagrant ver 1.81
Oracle VM VirtualBox バージョン 5.0.12
git ver 2.8.

※既にvagrantでCentOS7が導入されている前提で話を進めます。

rbenv+ ruby-buildでRubyの導入環境を揃える。

step1 既にrubyがインストールされているのなら現在のrubyを消去する。

sudo yum remove ruby

ruby -vを実行してruby: command not foundが帰ってくれば、無事
消去が完了しました。

step2 rbenvをインストールする。

rbenvとはRubyのversionを簡単に切り替える事が出来るコマンドラインツールです。Mac以外ですと、git cloneしてファイルをインストールする必要がありますので、まずgitを導入しておいて下さい。

sudo yum install git

gitをインストールできたら次にrbenvをインストールします。

git clone https://github.com/sstephenson/rbenv.git ~/.rbenv
echo 'export PATH="$HOME/.rbenv/bin:$PATH"' >> ~/.bash_profile
echo 'eval "$(rbenv init -)"' >> ~/.bash_profile
source ~/.bash_profile

step3 ruby-buildをインストールする。

ruby-buildはrubyをインストールする為のrbenvのプラグインです。rdenv installというコマンドはruby-buildが導入されて初めて利用できます。

git clone git://github.com/sstephenson/ruby-build.git ~/.rbenv/plugins/ruby-build
cd ~/.rbenv/plugins/ruby-build
sudo ./install.sh

step4 rbenvが導入されているか確認する。

rbenv -vで導入したrbenvのversionを確認する事ができます。

rbenv -v
rbenv 1.0.0-21-g9fdce5d

以上でRubyの導入環境を整える事ができました。

Ruby 2.3 1をインストールする

以下のコマンドを実行してインストールできるrubyを確認しましょう。

rbenv install -l

実行結果

 2.2.1
  2.2.2
  2.2.3
  2.2.4
  2.2.5
  2.3.0-dev
  2.3.0-preview1
  2.3.0-preview2
  2.3.0
  2.3.1
  2.4.0-dev

-devは開発版という意味

今回2.3.1をinstallしましたが、このようにrbenvを使う事で個人の開発環境に合わせてrubyを導入出来る事が可能です。

以下のコマンドでrubyをインストールする。

rbenv install 2.3.1

gemでインストールした実行ファイルを実行するためにもrbenv rehashを実行して下さい。

rbenv rehash

globalでrubyのversionを指定する。

rbenv global 2.3.1

globalはシステム全体で使用するバージョンを指定するコマンドである。基本的に使いたいバージョンをglobalで指定し、プロジェクトによってバージョンを変更したい場合はlocalで指定するのがよい。

以上でRubyのインストール出来たと思います。

最後に確認としてインストールしたRubyのversionとPATHを確認しましょう。

ruby -v
ruby 2.3.1p112 (2016-04-26 revision 54768) 

which ruby
~/.rbenv/shims/ruby

which gem
~/.rbenv/shims/gem

お疲れ様でした。


参考文献