ImageMagickインストール済みのとこからImage::Magick(PerlMagick)をコンパイル・インストールする方法

  • 2
    いいね
  • 0
    コメント
この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。

ImageMagick本体をコンパイル・インストールした「後」に、Image::Magick(PerlMagick)をインストールする方法を紹介します。

普通にPerlMaigckをmakeするとエラーが出る

cd PerlMagick/
/path/to/bin/perl Makefile.PL
make

すると下記のようなエラーが出ます。

cp Magick.pm blib/lib/Image/Magick.pm
AutoSplitting blib/lib/Image/Magick.pm (blib/lib/auto/Image/Magick)
make[1]: Entering directory `/opt/ImageMagick/src/ImageMagick-6.8.6-10/PerlMagick/default'
cp Magick.pm ../blib/lib/Image/Magick.pm
Manifying ../blib/man3/Image::Magick.3
make[1]: Leaving directory `/opt/ImageMagick/src/ImageMagick-6.8.6-10/PerlMagick/default'
make[1]: Entering directory `/opt/ImageMagick/src/ImageMagick-6.8.6-10/PerlMagick/quantum'
make[1]: *** No rule to make target `Q16.pm', needed by `pm_to_blib'.  Stop.
make[1]: Leaving directory `/opt/ImageMagick/src/ImageMagick-6.8.6-10/PerlMagick/quantum'
make: *** [subdirs] Error 2

はい、悲しいですね。

対処法

ImageMagickのtarballを展開したディレクトリで下記のようにします。

./configure --with-quantum-depth=16 --with-perl=/path/to/bin/perl
make perl-sources 
cd PerlMagick/
/path/to/bin/perl Makefile.PL
make
make install
  • --with-quantum-depth=16は、必要に応じて"8"に設定してください。(Q8.pm/Q8.xsを使いたい場合)
  • /path/to/bin/perlのところは、あなたが使いたいperlバイナリのパスを指定します。(~/.plenv/shims/perl, /opt/perl5-20/bin/perl, など)
  • 最後のmake installは、環境によってはsudoが必要かもしれません。

参考

こちらの掲示板で解決法を見つけました。
がんばって英語を読むといいことがありますね( ˘ω˘)

http://www.imagemagick.org/discourse-server/viewtopic.php?t=22984