古いThinkpadにLinuxを入れてSelenium用にする

  • 5
    いいね
  • 3
    コメント
この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。

Seleniumを動かすPCが欲しい!(。・ω・。) :two_hearts:
が、高いPCは買えないので、古いThinkPadを改造して頑張ってみる。
http://support.lenovo.com/jp/ja/documents/pd020702
ハードのほうはSSD交換とメモリ増設を実施し、今回かかった価格は、だいたい
Thinkpad:5000円
SSD:6000円
メモリ:2500円

でした。その他諸々合わせても15000円弱。新品より全然お安いハズ。
そのPCに色々いれていく。

isoをダウンロードしてUSBに入れる

この作業はWindows環境でしてます。CD入れるトコは無いのでUSBで取り込む。

  1. まずは下記からbean14041-140826.isoをダウンロード。
    http://sourceforge.jp/projects/linuxbean/
  2. それでそのファイルをuNetbootinでUSBに入れる。ディストリビューションはUbuntu選択でいけた。
    http://unetbootin.sourceforge.net/

インストールする

  1. USBをさす前にUSBから起動させるようにBIOSで設定してから!(大昔、ここでつまづいた。)USBをThinkPadにさしてインストール!
  2. 画面が出てきたら「Normal Live boot」を選択。画面にあるインストールのアイコンをクリックしたインストール!
    [参考にしたサイト]
    http://mogi2fruits.net/blog/os-software/linux/linuxbean/2181/#LiveCDUSB
  3. インストールできたらBIOS設定でHDD起動に切り替えて起動。

Seleniumを使えるようにする

  1. インターネット接続設定をしたらjavaとFirefoxは「linuxBean設定ウィザード」でインストール。あとはSeleniumServerをダウンロード。
    seleniumはselenium-server-standalone-2.44.0.jarです。
    sshを入れたかったらsudo apt-get updateからのsudo apt-get install sshでOK。
    [参考にしたサイト]
    http://www.seleniumhq.org/download/
  2. ターミナルでjava -jar selenium-server-standalone-2.44.0.jar を実行してみて無事たちあがったらOK。こんなカンジの状態になります。

01:20:52.098 INFO - Launching a standalone server
01:20:52.488 INFO - Java: Oracle Corporation 23.5-b02
01:20:52.488 INFO - OS: Windows 7 6.1 x86
・・・・・・
01:20:53.158 INFO - Started HttpContext[/wd,/wd]
01:20:53.205 INFO - Started SocketListener on 0.0.0.0:4444
01:20:53.205 INFO - Started org.openqa.jetty.jetty.Server