iOSdriverで証明書を使えるようにする

  • 1
    いいね
  • 0
    コメント
この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。

「PHPUnit-seleniumでiOSdriverを動かす」
http://qiita.com/Butackle/items/73d66222ce00d4c5aa6e

から幾ばくかが経過してテストをチョコチョコと作成していくなかで問題が生じてきた。
実行すると毎回「サーバの識別情報を検証できません」というメッセージが出てきてウザい!
それにこのままだとJenkinsを使った一括実行が出来ない!

何とかせねば!
ということで、何とかしてみました。

開発証明書をインストール

まず、Xcodeから普通にiOSシミュレータを起動して証明書をインストールします。
シミュレータに向かって証明書ファイルをドラック&ドロップするだけです。
参考資料↓
http://blog.nambo.jp/2014/08/19/ios-simulator-crt/

TrustStore.sqlite3をコピー

iOSシミュレータからTrustStore.sqlite3をコピーします。入っているディレクトリは~/Library/Application Support/iPhone Simulator/7.1/Library/Keychains/TrustStore.sqlite3でした。時と場合によって変わるかもしれません。

iOSDriverを起動する

起動する時に-trustStoreオプションを付けます。
こんなカンジになります。
java -jar ios-server-standalone-0.6.6-SNAPSHOT.jar -trustStore TrustStore.sqlite3

これで大丈夫なハズです!