vvvvのインストールガイド[DX11対応]

  • 13
    いいね
  • 0
    コメント
この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。

最近、ワークショップをやるとき用に、vvvvのセットアップの方法を書いたので、こちらにも張っておきます。
なおこの記事、32bit版のvvvv,およびDX11packsインストールをする内容になってます。

(注釈を入れておくと、標準vvvvでは描画系をDirectX9という仕組みでやっていますが、DirectX11(以下DX11)という新しいバージョンでも使えるようにする拡張パックを入れる操作もこの記事には含まれています。)

普通にvvvvが使いたくてこの記事に来た方、「よくわからんけどvvvv動けばいいんだけど?」という人はとりあえずこの通りにやってもらって問題ないはずです。

認識としては「addonは必須と言える。DX11はまぁいずれ使いたくなるやつ。」とこういう感じでいます。(※個人の感想です。)
それでも、かたくなに「dx11はいらねえよ」と思う方のためにガイドは打っています。

なお、OSの64bit,32bitにかかわらず32bit版を使うことができます。

あとバージョンが2015/12/18くらいの時点で書いてますので、そのつもりで。
それではー、どうぞー。

1.Windows環境の構築

「もともとWindosws使ってるぜ!」「とにかく普通のパソコンだから」という人はそのままでOK

Windows10/8.1/8/7どれでも行けます。

特記するとすればノートンとの相性が悪い場合があるとの例が上がっています。
ノートンのセキュリティソフトを使っている方は注意してください。

Macの人の場合

BootCampだとネイティブのWindowsとして使えるとのことです。
参考までに、vvvvのためにWindows10をBootさせた方が記事を書いてくれた方がいらっしゃいましたのでリンクを張っておきます。
http://murasaki0606.tumblr.com/post/137149254607/macbookpro-retina-2015-bootcamp-windows10

BootCampでなく、仮想で立ち上げた場合、重かったり、動作が不安定だったり、一部ノードが動かなかったりするので、できるだけBootCamp推奨です。OSについてはWindows10/8.1/8/7どれでもいけると思います。

2.vvvvのダウンロード

http://vvvv.org/documentation/jp.downloads
上記より、32bit版のダウンロードを行います。(OSの64bit,32bitにかかわらず32bit版を使うことができます。)
①「vvvv 45beta34.2」
②「addons 45beta34.2_01」
12391291_1501242326846829_9126535675614737864_n.jpg

と、下記より
http://vvvv.org/contribution/directx11-nodes-alpha
③「vvvv-packs-dx11-b33.7-x86.zip 」[dx11が不要の場合この操作はいりません。]
10579985_1501242356846826_28597128972894962_n.jpg

の計3つのダウンロードをお願いします。

3.ダウンロードファイルの展開

「vvvv 45beta34.2」「addons 45beta34.2_01」「vvvv-packs-dx11-b33.7-x86.zip [dx11不要場合いらない]」を展開してください。(解凍について、公式からは7zip推奨勧告が出ています。)

4.フォルダー移動。

①「vvvv 45beta34.2」を解答したフォルダーがvvvvのメインフォルダーになります。そこに、②「addons 45beta34.2_01」を解凍したフォルダの中にある「addonpack」フォルダをドラックアンドドロップしてください。
同じく、③「vvvv-packs-dx11-b33.7-x86.zip 」を解凍した中にある「packs」をドラックアンドドロップでいれてください。[dx11が不要の場合この操作はいりません。]
最終的に、このようなフォルダ構成になります。(赤くマークしたところ以外は違ってても大丈夫です。)

12376262_1501242366846825_5485867699550703332_n.jpg

5.Setup.exeを管理者権限で実行してください。

不足するコンポーネントの類が赤く表示されるので、それらをインストールしてください。不足していたものをインストールしたら再度.Setup.exeを実行してください。
なお、インストールしたのに赤が取れないという場合は、英語版のインストーラーでランタイム等を実行すると、改善される場合があります。

と、これで行けるはずです。
で、念のためにご紹介するのですが、とてもよくあるパターンとして

「vvvv.exe」を実行したら×ボタンのない灰色の「0.v4p////」っていう何もない灰色のウィンドウが開いた!

とおっしゃる方が大変多いのですが

仕様です

あなたのvvvvはひとまず正常に動作しております。
閉じるときはCtrl⁺Wで閉じることができます。

addonsとDx11packsが正常に入ったか確認する方法

まぁほんとにこれでうまくいったかと不安になると思うのでaddonsとDx11packsが正常に読まれているか確認する方法を載せておきます。

addonsの確認(32bit版のみの確認方法)

灰色の画面上でダブルクリックすると「ノードブラウザ」というのが出てきますので、そこにとりあえず「wii」と入力します。

add.png

すると、画像のように「WiiMote」と出てきますでしょうか。
出てくれば成功しています。というのもaddonに入っているものなので、正常に入っていれば読み込まれるとそういう理屈です。

ちなみに余談ですが、「wiiMote」とはご存知、任天堂の例のアレのコントローラーのことですね。vvvvで扱うことができますよ。

(なおWiiMoteは32Bit版のaddonにのみ入っているので64bit版のチェックには使えません。)

Dx11packsの確認[dx11を導入した方のみ]

同じくダブルクリックでノードブラウザを出して
「renderer」と入力してください。
dx11.png

すると画像のようにDX11のRendererがたくさん出てきます。
たくさんでてきて正解です。
自己主張強いですよね。

さて以上になります。
vvvvの使い方については、ほかの方の記事を参照ください。

たとえばこちらの記事は主要な基礎操作をgif動画で網羅してくれています。
http://qiita.com/Junky_Inc/items/1cb095d189b183a87d63

よきvvvvライフを。

参考:http://vvvv.org/documentation/jp.installation