AWS LambdaとAPIGatewayのミニマム構築

  • 6
    いいね
  • 0
    コメント

サーバレスでweb apiを構築できるLambdaとAPIGateway。
これをミニマムな構成で構築してみる

とはいえ認証もなにもない状態だとアレなのでAPI keyを発行した認証は実装する

Lambda

aws consoleからLambdaに入り、Node.jsの6.10を選択、Blank Functionを選択

今回はNodeを選択しているけど、もちろんPythonでもいい

Kobito.XZSrgA.png

ひとまずトリガーはとりあえず作らないで次へ

Kobito.FgA1X1.png

Lambdaの名前を入力し、コードを入力する。
今回はコードはデフォルトのままで進める。

Kobito.R1y4r2.png

スクロールするとさらに設定画面が出てくる
ロール割当だけすれば最小限OK

Kobito.1G5h7o.png

これでLambda関数の作成はOK

API Gateway

APIを定義

aws consoleからAPI gatewayを開く

新しいAPI を選択し、適当な名前を入力

Kobito.46WF6B.png

リソース -> アクション -> メソッドの作成を選択

Kobito.hdwTH2.png

メソッドにPOSTを追加し、Lambda関数を追加する

Kobito.qTpcmT.png

なんかフローみたいのが出てくる。

メソッドリクエストを選択

Kobito.HPvhHq.png

APIキーの必要性にtrueを設定

Kobito.ZD35fr.png

アクション -> デプロイを選択

デプロイするステージを選択(なければ作る)してデプロイ実行

Kobito.tepBZg.png

APIキーの作成

APIキーを選択 -> アクション -> APIキーの作成

Kobito.ilVIPU.png

APIキーの名前、説明を入力。
対象のAPIとステージも一緒に選択。
ここでランダムな文字列のAPIキーが発行されるのでメモしておく(API実行時に必要になる)

Kobito.Xsx7CS.png

使用プランの作成

使用プランを選択 -> 作成を選択

適当な値を入力して使用プランを作成

Kobito.0kronG.png

使用プランにAPIキーを割り当てる
作成したAPIキーをセットする

Kobito.3S94mx.png

実行テスト

postman等からAPIのURLを叩く

headerに x-api-key という名前でAPIkeyを設定すると認証が通り、実行される(はず)

Kobito.IGiR2w.png